今日の記事のテーマはファッションです。カジノに適したいくつかのコーディネートについて取り上げたいと思います。この記事では、普段あまり気にかける人が少ないメンズファッションに注目してみました。ファッションと言えば、まるでこの世に男性は存在しないのかと思ってしまうほど女性の服装ばかりが話題になります。ですが、カジノはさまざまな人と出会うことができる場所です。運命の人や未来の上司に会うことがあるかもしれないので、男性もおしゃれに気を遣うべきでしょう。昔から成功者になりたければ、成功者のような身なりをするべきだと言われています。他人から能無しだと思われても気にしない、というのでしたら何をどう着ようと構いませんが、その場合は周囲からどんな目で見られても文句は言えません。

それでは絶対に間違いのない服装から紹介しましょう。まず最初は何と言ってもタキシードです。これはカジノで最もフォーマルな服装です。タキシードが 1 番と聞いてもあまり驚かないかもしれませんが、今まで何回カジノでタキシードを着たことがありますか?1 回もない人も多いのではないでしょうか。カジノやバーは人と出会うのに最適な場所だと言われており、その理由は単純です。そこでは人々はたいがいリラックスしていて、わからないことがあればなんでも喜んで教えてくれます。まるでペンギンのような、昔ながらのタキシードを着ればいいというわけではありません。もっとモダンであなたにピッタリのタキシードを新調しましょう。

 

その次に、クラッシックなパンツとシャツがあげられます。この 2 点を押さえればあなたはよくいるコンサバティブな人には見えません。古き良き物を愛しながら新しい価値を受け入れている人、という印象を周囲に与えることができるでしょう。シャツはパンツの色と異なる色のものを、そしてサングラスはマストです。もしフランク・シナトラがお好きでしたら、彼の 1950 年代の服装をまねても良いでしょう。彼のファッションをまねする場合は帽子は欠かせません。さまざまな帽子がありますが、最もおすすめなのは帽子の中の王様としても知られる、かの有名なパナマハットです。この白い帽子をかぶれば、自由に人生を楽しむ放浪者のような雰囲気を演出することができるでしょう。

3 番目はトミー・シェルビーの服装についてお話します。1930 年代のコーデやファッションは現在大人気です。もしピンキー・ブラインダーという番組を 1 度も見たことがない場合はぜひ見てみてください。当時のファッションをチェックしてして参考にすることをおすすめします。4 番目はスーツです。スーツを着る場合はぜひ上からコートを羽織ってみましょう。帽子もマストですが、スーツの場合はパナマハットはおすすめしません。

 

最後のアドバイスになりますが、バスケットボールのコーチのような服装はカジノでは NG です。トレーナーにジョギングシューズのような格好でカジノへ出かけるのは避けた方がいいでしょう。